読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

communityfield’s diary

サイト開発のメモです。メモなので結構適当です

SSL対応の続き

CentOS

途中で止まっていたSSL対応を進めた

 

今回行ったのはサーバー側のSSL設定ファイルの編集

バーチャルホストを使っているので以下の「7.SSL設定ファイルの編集」を参考に

さくらVPSにSSLを登録する 後編 - あぷすた

また、サーバ証明書のファイル名とか保存先は違うので前回参考にした記事をみて思い出した

さくらVPSでApache+SSL環境の構築(CentOS6.5+Apache+RapidSSL) - Qiita

 

httpsでのアクセスはうまくいったもののページの一部が安全でない状態であり、そこを一つづクリアにしていかなければならない

ほとんどのサイトは、コンテンツ内で、外部の安全でないサイトからの画像や、スクリプトを読み込んでいたりして、鍵が表示されていない状態

WordpressをhttpからhttpsにSSL化した全手順まとめ(エックスサーバー環境)

あとはhttpでのアクセスをリダイレクト処理すること

SSL化は急務でないのでこの二点はまた後日対応する予定

wordpres ショートコードの関数追加でechoは使わない

WordPress

ログインしていない場合、新規登録やログインボタンを表示するファンクションとショートコードをfunction.phpに追加したのだが、ショートコードを張ったページの最上部に表示されてしまうという罠にハマりました。

echoではなくreturnを使うことで解決

以下はダメな例

/* ログインしていなければ〇〇、ログインしていれば××を返す */
function ファンクション名() {
if (is_user_logged_in()) {
 echo'ログインしている表示内容';
}
else{
echo 'ログインしていない表示内容';
}
}
/* ショートコードを追加する */
add_shortcode('ショートコード名', 'ファンクション');

 

× echo'ログインしている表示内容';

○ return'ログインしている表示内容';

 

なんとなくechoを使ってしまっていたのですが、以下のページに書いてあるように

wp_contentのフィルターを通る際に、出力したいコードに置き換わる仕組みらしいので

echoを使ってしまうと、その場で表示されてしまうようです

wordpres ショートコードの関数にechoは使ってはダメ! « 生きる辞書

SSL導入

自分の持っているサイトへのSSLの導入を開始しました

さくらVPSを使っているので、さくらのSSLからラピッドSSLを利用しました

主に以下の記事を参考

qiita.com

基本作業は完了したのですがバーチャルドメイン環境なのでその対応やhttpsへのリダイレクト、wordpress側やgoogleアナリティクスなどの部分も設定しなければならない

 

作業中にサイトにアクセスできなくなったため、一旦中止して後日作業を行います

バーチャルドメイン環境は以下のサイトを参考にする予定

d.hatena.ne.jp

キャンペーンの企画

ツイッターで一つのサイトを紹介してみたらリツイートなどをしてもらえて思ったより好評でした。

そこで思いついたのが「利用促進キャンペーン」

企業やサービスではよくあるプロモーションですね

 

登録と利用をするという条件を達成した人の中から抽選でプレゼントするキャンペーンを考えています

ただ景表法は十分に確認しておこうと思います

久しぶりの記事です

状況

自分の開発備忘録としてこのブログを始めましたが最近ちょっとずつアクセスが増加して100PVとなりました

 

備忘録について

手探りで開発していると何をどうして解決したかとか、後の改修で過去何処をいじったかわからなくなり、作り直しを余儀なくされます

特にCUIコマンドラインユーザーインターフェース)は慣れていないので時系列にメモ、参考にしたサイトをまとめたかったのでブログ形式でまとめています

 

何故公開しているか

本当は非公開でもいいんですが、自分自身ネット上の情報に助けられてきました

備忘録を公開する事でもし誰かの助けになることが出来ればと思います

あまり整形出来てないですが少しづつ整えたいと思います

 

現在の作業状況

最近サーバー側をいじることが少なく、コミュニティサイトの横展開としてサテライトサイトを増やしてみています

現在、Googleがすべてのサイトをhttps化を推進する動きがあり、近いうちに対応するつもりで、備忘録も記事にしたいと思います

Wordpressのユーザー権限復旧

WordPress 作業進捗

今日はローカル作業中にプラグイン有効化時に不具合が発生。

bbpressで有効化しようとすると「このページにアクセスする権限がありません。」と出てしまい有効にならなかった。結論から言えば最近アップデートしたwordpressに対応してなかった模様で、bbpress更新後に有効化したら問題がなかった。

 

起こったこと

データーベース初期化プラグインでデータベース一部初期化をしたところ、手持ちのアカウント全てでログインができなくなってしまった。

私はユーザーデータを複数のwordpressで共有し、マルチサイトにしていた。

qiita.com

その内1つのサイトのデータベースを初期化したつもりだったが、全体にわたり影響が出てしまった。

困った挙句手探りでデーターベースをphpmyadminでいじり復旧することができた。

詳細は割愛するが大まかに以下の手順で復旧

1.別の復旧用wordpressを新規に作成

2.phpmyadminで復旧用の接頭辞_users」データーベーステーブルの内容を復旧先の「wp_users」(接頭辞はデフォルト)に手動で移し替え(暗号化パスワードもそのまま)

3.「wp_usermeta」はデータが残っていたが権限がなかったので復旧用の接頭辞_usermeta」の「接頭辞_capabilities」の「meta_value」にある権限指定文字列を復旧先wp_capabilities」にコピー

これでログインと権限が復活しました。念のためそのアカウントで権限を持った別アカウントも作成しておきました。

※データーベース編集は自己責任で行いましょう

 

単にパスワードを忘れた方は以下で対応できると思います。

www.takanome.me

年末年始投票実施

自分の運営しているサイトで年末年始に人気投票イベントを実施してます。

集客の目的もありますが、「面白そうだから」やってます。

今回含み3回実施し、今回wordpress「TotalPoll Lite」プラグインを使用

今年の年末は「おみくじ」機能があったら面白そうなのでphpで組みたい

プラグインあったらそっちに逃げるかも)

 

現在、横展開として同じ構成のコミュニティサイト構築を進めている